B型肝炎給付金について

注射器B型肝炎給付金とは、過去に集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方が請求できる給付金のことを指します。これだけだとよく分からないかもしれませんが、昭和23年から63年頃まで行われていた集団予防接種では医師が注射器を使い回ししていました。B型肝炎ウイルスは人の血液や体液から感染しますから、これによってどのようなことが起きたか容易に想像できるでしょう。結果的にたくさんの方がB型肝炎ウイルスに感染することになったのです。

国としてはすべての過ちを認め、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方を対象に給付金を支給することを決めました。それがB型肝炎給付金という制度です。もちろん、B型肝炎ウイルスに感染しているからといってすべての方が請求できるわけではなく、あくまで集団予防接種での注射器使い回しなどによって感染した方を対象にしています。そのために訴訟というプロセスが必要になるわけですね。

集団予防接種が原因だと思われるB型肝炎感染者に対しては給付金が支払われますから、思い当たる方は今からでも検討してみると良いでしょう。このサイトでは、B型肝炎給付金訴訟の期限訴訟の方法などについてもお伝えしたいと考えていますから、該当する方にとって参考になると思います。B型肝炎給付金についてはよく分からないという方も多いでしょうし、ここで詳しくお話しますからぜひ今後のためにも最後まで目を通してください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket