請求期限がある

お金B型肝炎給付金を受け取れる可能性がある方は少しでも早く行動することをおススメします。B型肝炎給付金に関するウェブサイトなどでも早めに請求を、という文言を目にすると思いますが、それにはきちんとした理由があるのです。実は、B型肝炎給付金の請求には期限が設けられており、それを過ぎると給付金を請求することができなくなってしまいます。本来支給してもらえるはずだったお金を受け取れないというのは残念すぎることですし、きちんと給付金を支払ってもらうためにも早めに行動を起こして請求する必要があります。

具体的な請求期限はいつまでなのか、ということですが、B型肝炎給付金の請求期限は平成34年1月12日となっています。もともとはもっと早い段階で打ち切られる予定だったのですが、平成28年に請求期限を5年延長することが決定し、平成34年1月12日までとなったのです。まだ余裕があるじゃないか、と思った方もおられるでしょうが、B型肝炎給付金はササっと申請してすぐ受け取れるような性質の給付金ではありません。給付金を請求するために訴訟というプロセスが必要となりますし、さまざまな手続きも必要となるため早めに行動を起こす必要があるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket